中国は経済を戦時体制に移行か コロナ禍がもたらすグローバル化の終焉

国際 2020年9月17日掲載

  • ブックマーク

「1980年から続いた世界のグローバル化の時代が終焉に近づいており、今後『混乱の世紀』を迎える可能性がある」

 このように主張するのはドイツ銀行である。ドイツ銀行は9月8日、過去200年にわたる市場の動きを概観した分析を公表したが、その中で「グローバル化の反転は以前から指摘されていたが、コロナ禍でその動きが加速している」と述べている。...

記事全文を読む