「24時間テレビ」ウラ話 仰天の「コロナ対策」と「メインパーソナリティーの人選」

エンタメ 芸能 2020年9月14日掲載

  • ブックマーク

 コロナ禍の影響で無観客、対面募金の禁止、チャリティマラソン中止、深夜は録画……。異例ずくめとなった今年の「24時間テレビ43」(日本テレビ)。そこまでして放送する必要があるのか、といった声もあった。しかし、結果は大成功。それもこれも異例とも言える万全の体制で臨んだからだという。

 ***

「新型コロナで、TBSは『オールスター感謝祭2020春』の放送を、フジも『27時間テレビ』を中止しました。いずれも系列局を挙げての恒例の大型番組です。そんな中、なぜ日テレだけが『24時間テレビ』を放送するのかという声は、視聴者のみならず、局内からも上がっていました」

 と言うのは、日テレ関係者である。だが、同社の小杉善信社長の意志は固かった。3月の定例会見で早くも、番組の放送を宣言していたのだ。

「使命感がある。必ずやる、と思っております」

 7月の定例会見では、さらに強調した。

「かねてからどんな形であろうとやると宣言しておりました。コロナの状況に合った、感染につながらない形で、今回の『24時間テレビ』をやるというのは変わりありません」

社内にPCR受診室

 かくして放送が決まった「24時間テレビ」だが、そのために大号令が発せられたという。

〈スタッフから絶対に感染者を出してはならない〉

 そこで取られた対策は……。

「放送1カ月前、スタッフ400名以上にPCR検査を実施しました。もちろん、個人個人が病院で検査を受けるのは、病院にも大変な負担になります。なにより、スタッフがそこで感染する恐れもある。そのため社内に特別スペースを設置したんです」(同)

 社内でPCR検査が受けられる体制を整えたというのだ。

次ページ:地味なパーソナリティ

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]