設定がナゾすぎる「実演CM」はなぜ生まれる? 元広告マンが分析(中川淳一郎)

国内 社会 週刊新潮 2020年9月10日号掲載

  • ブックマーク

 先日、仰天の「生コマーシャル」を見てしまいましたよ。この「生コマ」ってのは、朝の情報番組でエプロンつけたお姉さんが登場して、「この洗剤、本当に汚れが落ちるんですよ~」とか実演するアレですね。...

記事全文を読む