「帳簿」から垣間見える「遊廓」の日常 「延長サービス」も細目にわたって記録

国内 社会 2020年9月1日掲載

  • ブックマーク

500箇所の「遊廓」を訪ね、10年にわたって調査、撮影

 家庭でも会社でも、お金の出入りを記録することは大事なこと。「遊廓」でもそれは同じだった。

「大福帳」と表書きされた和紙の束を見せてくれたのは、全国の元遊廓を撮影している渡辺豪さんだ。この10年にわたって北海道から沖縄まで500箇所を訪ね、このほど写真集『遊廓』を刊行した。...

記事全文を読む