改めて「人は2度死ぬ」を考える 映画「リメンバー・ミー」を観て(古市憲寿)

国内 社会 週刊新潮 2020年8月6日号掲載

  • ブックマーク

「人は2度死ぬ」という有名な考え方がある。1回目は生物学的な死、2回目は記憶上の死というわけだ。

「リメンバー・ミー」は、2度の死をテーマにしたディズニー映画だ。主人公の少年は死者の国に迷い込んでしまう。その世界では、死んだはずの者たちが楽しく暮らしているのだが、全ての生者から忘れられてしまうと2度目の死が訪れる。...

記事全文を読む