三浦春馬さんの遺作「カネ恋」が全4話で放送 「続編」もあるというこれだけの根拠

エンタメ 芸能 2020年8月4日掲載

  • ブックマーク

ファンの要望が実現

 7月31日、新ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」(TBS系列・火・22:00)の公式サイトは、先日、亡くなった三浦春馬さん(享年30)の代役を立てずに9月15日から放送することを発表した。

 ***

 ドラマの主演は三浦さんと松岡茉優(25)と発表されていた。しかし、三浦さんが7月18日に自殺したことから、放送の行方に関心が集まっていた。

 公式サイトではプロデューサーのコメントが掲載されている。一部を引用させていただく。

《皆様から、三浦春馬さんが演じたこのドラマを観たいという非常に多くのご要望をいただきました。それにお応えするべく、キャスト・スタッフ一丸となり作り上げた作品をお楽しみいただけるように、誠心誠意努めて完成させていきます。また、松岡茉優さんをはじめとした出演者と共にドラマを完結させるべく、一部台本を書き直して撮影を進めていく予定です》(註:改行を省略した)。

 サンケイスポーツ(電子版)は7月31日、「三浦春馬さん遺作ドラマ、代役立てずに9・15から放送 公式サイトで発表」の記事を配信した(註:全角数字を半角にするなどデイリー新潮の表記法に合わせた:以下同)。

 サンスポの記事はYAHOO!ニュースがトピックスに転載したが、本文には《本紙の取材によると》との記述があり、以下の事実が報じられた。

《ドラマは収録途中だった4話で完結する形にして放送。台本を書き直し、残された共演者で今後撮影に入る》

次ページ:お蔵入りは無理

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]