クイックルワイパーが大活躍 プロにも絶賛された在宅介護での意外な使い道――在宅で妻を介護するということ(第5回)

平尾俊郎 在宅で妻を介護するということ 国内 社会 2020年7月30日掲載

  • ブックマーク

 どんなに大変な状況でも楽しみは見いだせるということだろうか。妻を在宅で介護しているフリーライターの平尾俊郎さんは、悪戦苦闘の中でも工夫や“発明”して、前向きに日々を過ごしている。68歳夫による62歳妻の在宅介護レポート、今回のテーマは自宅のヴァージョンアップ法である。

 ***

【わが家の状況】

 夫婦2人、賃貸マンションに暮らす。夫68歳、妻62歳(要介護5)。千葉県千葉市在住。子どもなし。夫は売れないフリーライターで、終日家にいることが多い。利用中の介護サービス/訪問診療(月1回)、訪問看護(週1回)、訪問リハビリ(週2回)、訪問入浴(週1回)。...

記事全文を読む