巨人・原監督と「賭けゴルフ」した同伴者 球団の反論に「何を言っているのかという思い」

スポーツ 野球 週刊新潮 2020年7月9日号掲載

  • ブックマーク

年間シートも買って

 そんな監督も、プレー中には俄かに“指揮官の顔”に戻ることがあったという。

「ラウンド中に原さんの携帯が鳴って、あらたまって話し始めました。それからプレーそっちのけで、延々と15分ほど話し込んでいて、周りがしびれを切らした頃にようやく電話を切った。すると原さんは『小笠原(道大)が獲れたよ』と打ち明けたのです」

 FA宣言していた小笠原が、日ハムから巨人に移籍したのは06年のオフであった。

 また、プレー中には時に球団としての「正規の商談」も行われていたといい、

「私の後輩で原さんのファンがいて、一緒にプレーしたいというので連れて行ったのですが、緊張して100近く叩いて大負けしていました。その時、原さんから『東京ドームの年間シートを買わないか』と誘われたのです。断るのも格好悪いので、その後輩と一緒に買うことにしました。すると後日、私の職場にさっそく申込書がFAXされてきて、紹介者の欄には『原辰徳』と書いてあった。勧められた席の値段は110万~120万円ぐらいしましたが、いくら監督の紹介でも値引きはされない。でも、仕事の取引先に渡すと喜ばれたりして、いろいろ便利ではありましたね」

“ラスベガスなんて知らない”と言い張る原監督と、この男性との交遊を忘却の彼方へと追いやろうとする球団。ふたたび巨人軍の広報部に聞いたところ、

「原辰徳監督と『十数年前から一緒にラウンドしてきた50代の男性』の話については、貴誌6月25日発売号の取材に対しても回答したように、原監督が高額な賭けゴルフをした事実はなく、当球団は代理人弁護士を通じ、記事の全面的な取り消しと謝罪を貴誌に要求しているところです」

 と言うのみ。それでもロッテなどで活躍した愛甲猛氏は、こう話すのだ。

「原さんに限らず、当時のプロ野球選手といえば、ゴルフでも麻雀でも賭けごとなんか当たり前だった。もちろん今とは時代背景が違うし、原さんも立場があるとは思うけど“昔も今もやっていません”というのは、やっぱり無理があると思うんだよね」

 厳然たる事実は、何物にも代え難いのである。

特集「あった事実は消せない! 『愛甲猛』が明かす『原監督』との『超高額賭けゴルフ』」より

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]