長嶋に並んだ原監督、野球運と球団の支援で通算1034勝達成【柴田勲のセブンアイズ】

スポーツ 野球 2020年7月7日掲載

  • ブックマーク

 巨人がセ・リーグ全5球団との対戦を終えて10勝4敗1分で首位、負け越しはなしでまずは上々のスタートを切った。

 原辰徳監督は4日の中日戦の白星で監督通算勝利数を「1034」とし、球団歴代2位の長嶋(茂雄)さんに並んだ。3度目の登板で監督は14年目になる。川上(哲治)さんの「1066」勝を抜くのは確実だ。...

記事全文を読む