文在寅政権下の思想警察化…批判する“壁新聞”を貼るだけで有罪判決の恐怖

国際 韓国・北朝鮮 2020年7月8日掲載

  • ブックマーク

大学は「警察に捜査を要請した覚えはない」

 6月24日、韓国の大学で文在寅(ムン・ジェイン)大統領を誹謗する“壁新聞”を掲示した25歳の青年が裁判所から有罪判決を受けた。裁判所は、青年が無断で大学の建物に侵入して壁新聞を貼ったとして、「建造物侵入罪」を適用し、50万ウォン(約5万円)の罰金刑を言い渡したのだ。ところが、韓国裁判所のこの判決について、韓国社会では「無理な法適用」という批判が起きている。なぜなら、「被害者が存在しない」事件だったからだ。

 ***...

記事全文を読む