「文在寅」肝いり雇用政策が大炎上、怒り狂う就活生に本人ダンマリはあんまり

国際 韓国・北朝鮮 2020年6月29日掲載

  • ブックマーク

世界最大のハブ空港「仁川国際空港」が舞台

 韓国はスーパー学歴社会で、そのレールに乗れるか否かで人生が規定される超弱肉強食の実態がある。かの文在寅大統領の側近、曺国(チョ・グク)前法相も自らの近親者の入試で不正を働いてきた秘密を暴露され、司直の手が伸びることになった。ここにきて、「学生の最も行きたい公企業」「夢の職場」とされる会社への採用問題で学生らの不満が爆発。自らを“雇用大統領”と呼んだ文大統領の政策は不平等のそしりを免れず、当人はだんまりを決め込んでいるという。

 ***...

記事全文を読む