同伴者が語る巨人「原監督」との賭けゴルフ詳細 “清原の刺青話で動揺のミスショット”

スポーツ 野球 週刊新潮 2020年7月2日号掲載

  • ブックマーク

巨人「原監督」常軌を逸した「賭けゴルフ」(2/2)

 かつて一連の野球賭博事件で世間を騒がせた読売巨人軍。その指揮官である原辰徳監督と「賭けゴルフ」に興じていたと証言するのは、十数年前から一緒にラウンドしてきた50代の男性である。原監督とのラウンドは“いんちきラスベガス”ルールで行われ、掛け金の支払いは「現場精算」。玄人はだしの原監督を相手にする際には「毎回、手元に100万円ほど用意してプレーに臨んでいましたね」という。

 ***...

記事全文を読む