同伴者が語る巨人「原監督」との賭けゴルフ詳細 “清原の刺青話で動揺のミスショット”

スポーツ 野球

  • ブックマーク

巨人「原監督」常軌を逸した「賭けゴルフ」(2/2)

 かつて一連の野球賭博事件で世間を騒がせた読売巨人軍。その指揮官である原辰徳監督と「賭けゴルフ」に興じていたと証言するのは、十数年前から一緒にラウンドしてきた50代の男性である。原監督とのラウンドは“いんちきラスベガス”ルールで行われ、掛け金の支払いは「現場精算」。玄人はだしの原監督を相手にする際には「毎回、手元に100万円ほど用意してプレーに臨んでいましたね」という。

 ***

 実力差に加えて理不尽な“変則ルール”。そんな条件下でも、この男性はひたすら勝機をうかがっていたという。例えば、

「ある時、300ヤードくらいの短いパー4のコースで、原さんが1打目で残り70ヤードほど、フェアウェイど真ん中でバーディチャンスとなった。ラスベガスのルールでは相手のペアにバーディを取られると、こちらの一の位と十の位をひっくり返されるから、何とか阻止したかったのです」

 一計を案じた男性は、フェアウェイを歩きながらこんな話を切り出したという。

「『原さん、麻布にあるサウナに行ったら清原(和博)がいて、胸から足までびっしり刺青が入っていましたよ』と。当時はまだ彼の刺青は知られていなかったから、原さんも驚いて『ええっ、ウソだろ』って絶句していました。私が続けて『この目で見たから本当です。仮にも巨人の4番を打っていた男が、まずいんじゃないですか』と畳みかけたら、原さんは動揺し、珍しく次のショットはグリーンの奥までビューンと飛んでいってしまったのです」

 見事、心理戦を制したわけである。そんな監督はプレー中、しばしば“本業”についても言及していたといい、

「ドラフトで坂本(勇人)をハズレ1位で獲った後、千葉のゴルフ場でプレーしたことがありました。『今年は最悪。いいのが全然獲れなかったよ』とこぼしていたのですが、いまの坂本の活躍を見ると、原さんの眼もあてにならないと思いました。何でも、いい選手を獲るコツがあって、選手のお母さんのお尻を見るのだそうです。細いお尻はダメで、大きいお尻の母親の子は大成するとかで、『間違いない』と強調していました」

 またある時は、

「160キロ超の速球を投げる横浜のクルーンを巨人打線がまるで打てないので『今年は全然ダメでしたね』と聞いたことがあったのですが、原さんは『大丈夫。来年は任せておいて』という。すると、その翌年に巨人はクルーンを引き抜いた。“任せて”ってこういうことだったのかと、呆気にとられました」

 同じ頃、こんなやり取りもあったという。

「クライマックスシリーズで、リーグ優勝の巨人が2位の中日に3タテを食らって敗退した年のオフでした。私が『さすがに3タテはないでしょう』と、意地悪く水を向けたら、原さんは『落合さんがずるいんだ。わざとスタメンを中日スポーツの記者に漏らして、こっちがそれを掴んでオーダー組んだら、試合が始まって全然違うメンバーが出てくるんだよ』って。そんな情報を真に受けるのもお人好しだし、そもそも3タテの言い訳にはならないのですが……」

次ページ:「500円以上は賭けない」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]