泉佐野市はふるさと納税訴訟で国に逆転勝訴 ポイントは「法の遡及(そきゅう)」

国内 社会 2020年7月4日掲載

  • ブックマーク

 事後に作った条例、制度などの法律を制定前の事件に適用して裁く。これではなんでも恣意的に懲罰を科すことができてしまう。世の中、収拾がつかないどころか、刑事裁判などでは恐ろしいことにもなる。「法の遡及(そきゅう・時間をさかのぼること)」による事後法適用の禁止は、法治国家の基本でもある。この基本を守らなかった国が最高裁からNOを突き付けられた。

 6月30日午後、最高裁の西門で雨の中、待ち受ける報道陣の前に現れた阿部泰隆弁護士(兵庫弁護士会)が「勝訴」の垂れ幕を示した。...

記事全文を読む