世間相場を度外視した「超好待遇」国家公務員「定年延長」の裏取引

国内 政治 Foresight 2020年6月26日掲載

  • ブックマーク

 通常国会が閉幕した。検察官の定年延長を盛り込んだ検察庁法改正案は国民の猛烈な反発に遭い、一緒に出されていた国家公務員法改正案とともに「廃案」になった。

 閣議決定した法案で審議入りしていたものが、「継続審議」にもならず、廃案になるのは極めて異例のこと。与党が圧倒的多数を占める国会情勢下ではなおさらだ。

 しかし、もうこれで、法律改正は「消えた」のかと思いきや、そうではない。

 政府はこの法案を秋の臨時国会に再度提出する方針だ。しかも、内閣の判断で検察幹部の定年を3年延長できる特例規定を削除し、法案を再提出するという。...

記事全文を読む