「あざとくて何が悪いの?」を地で行く小池百合子 女子アナ礼賛主義が生んだ強者の論理

エンタメ 2020年7月3日掲載

  • ブックマーク

 強い者ではなく、変化し続ける者が生き残る。そうであるならば、やはり小池百合子は今回の都知事選も再選するのではないか。「権力と寝る女」「政界渡り鳥」と呼ばれた変わり身の早さは、進化論上は正しい。...

記事全文を読む