慰安婦デモ28年の歴史にピリオド・聖域を解体…「歴史的な水曜日」を語る

国際 韓国・北朝鮮 2020年6月28日掲載

  • ブックマーク

「反安倍反日青年学生共同行動」の登場

 2020年6月24日は、「歴史的な水曜日」として記録された。日本大使館前に設置された慰安婦像の前で、右派市民団体の自由連帯(李煕範/イ・ヒボム代表)らが、「共に民主党」所属の国会議員・尹美香(ユン・ミヒャン/55)の議員辞職と「正義記憶連帯」の解体を要求する集会を開催した。言うまでもなく、そこは、尹美香議員と議員が代表を務めた「正義記憶連帯」が、日本軍慰安婦に関連し、28年に亘って毎週水曜日に集会を開いて日本に謝罪を要求してきた場所である。

 ***...

記事全文を読む