「コロナ禍」に「貝毒」三陸「ホヤ漁師」先の見えない「深い霧」

ビジネス Foresight 2020年6月20日掲載

  • ブックマーク

 6月上旬、およそ1年ぶりに訪ねた牡鹿半島(宮城県石巻市)。美しい三陸復興国立公園の南端らしく、リアス式海岸の道の入り江はまぶしいほど明るく、新型コロナウイルス禍の鬱屈を晴らしてくれる。

が、9年前の東日本大震災で被災した浜々の集落は跡形もなく、復旧工事もいまだ終わらず、住民の多くは流出し、工事関係者以外の人の姿も見えない。

半島に残る漁師たちの復興の拠り所は、昔から変わらず豊かな魚介をはぐくむ宝の海だ。

ところが、震災の津波の後、三陸の海に原因不明の「異変」が続く。...

記事全文を読む