「柴咲コウ」が食い止めた種苗法改正 母の死から学んだ「エコロジスト」としての生き方

エンタメ 週刊新潮 2020年6月4日号掲載

  • ブックマーク

 コロナ禍のどさくさで画策されていた検察庁法改正案は、当事者である検事長の自爆もあって成立が流れたわけだが、とりわけ世論を喚起したのは、小泉今日子ら芸能人による「反対ツイート」だった。そんな折、与党は別の改正法案成立も見送る方針を示した。こちらの“立役者”は、誰あろう柴咲コウ――。

 ***...

記事全文を読む