コロナは「肺炎」だけではなかった 血栓、脳梗塞を引き起こす仕組みとは

国内 社会 週刊新潮 2020年5月28日号掲載

  • ブックマーク

 知らぬ間に進行する「沈黙の肺炎」こそ新型コロナウイルスの恐ろしさと見られていた。しかし、時が経つにつれ、各国で血管に炎症が起きる「川崎病」と似た症例が報告され始めた。すなわち、“敵”の狙いは肺だけでなく、全身の血管にあったのだ。

 ***...

記事全文を読む