芸能界「ベジタリアン」名鑑――ブルゾンちえみも裸足で逃げ出す強者を一挙紹介

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

大物の名前がずらり

 ブルゾンちえみは4月から、本名の藤原史織(29)で活動しているが、SNSで「肉を食べない」ことを明かして話題になっている。

 ***

 一般的に「ベジタリアン」と総称されているが、本当に野菜しか食べない人は「ビーガン」と呼ばれることが多いようだ。

 卵や乳製品は口にする人は「ラクト・オボ・ベジタリアン」といい、日本語では「卵乳菜食」と訳されている。

 このように「菜食主義者」と言っても様々なのだ。ちなみに藤原は「肉を食べない」と書いており、5月6日にはイカの寿司に夢中になった経緯を振り返っている。

 肉は口にしないが、魚類は食べるという生活を続けているのだとすれば、こちらは「ペスカタリアニズム」に分類される。

 見解は様々だが、ペスカタリアニズムは菜食主義の範疇に入れないのが一般的なようだ。つまり藤原はベジタリアンではないことになる。

 彼女が肉を絶ったきっかけとして、水川あさみ(36)の影響を挙げる真偽不明の情報がネット上では飛び交っている。

 芸能界で菜食主義者が少数派なら“デマ”で片付けられるが、調べてみると、かなりの数にのぼっている。しかも筋金入りのビーガンであることを公言している芸能人も少なくない。

 ネット上に流布している怪しげな情報ではなく、しっかりと出典のあるケースをご紹介しよう。

 雑誌専門の図書館「大宅壮一文庫」のデータベースを使い、ベジタリアンとして紹介された芸能人の記事を検索した。

 トップバッターは女優の松田美由紀(56)だ。「女性セブン」(小学館・2016年3月24日号)の書評ページで菜食主義者であることを明かしている。

 きっかけは『フィット・フォー・ライフ――健康長寿には「不滅の原則」があった!』(ハーヴィー・ダイアモンド、マリリン・ダイアモンド著/松田麻美子訳/グスコー出版)を読んだことだと彼女は振り返る。

《ぶ厚い本ですが、内容はシンプルです。ざっくり言うと、朝食はフルーツだけ。昼はサラダ。夜は温野菜の取り合わせとサラダです。夕食に肉や魚を食べてもかまわないとありますが、私の場合、ひとつ許すとズルズルいっちゃいそうなので、結果としてビーガン(完全なベジタリアン)になりました》

 光文社のネットメディア「Smart FLASH」は2019年6月、「サンプラザ中野くん、卵・肉・魚を一切食べないヴィーガン生活」の記事を公開した。

 フジテレビ系列の「ノンストップ!」(月~金・9:50)でビーガンであることを明かしたという内容だ。

 サンプラザ中野くん(59)は05年から8年にわたり、月刊「宝島」(宝島社:休刊)に「サンプラザ中野式“長生き”健康術 125才まで楽しく生きよう」を連載していた。

次ページ:「ビーガンは健康に悪い」説の真偽

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]