「明石家さんま」の人気に陰りが出始めた? お笑い「第7世代」の取り込みが課題

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 期末改編期に入った3月25日、民放各局はそろって特番を放送した。フジテレビは19時~22時48分まで、明石家さんま(64)の「ホンマでっか!?TV」の4時間スペシャルを持ってきた。ところが、視聴率はレギュラー放送よりも低い8・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)だった。お笑い怪獣こと、さんまの人気に陰りって、ホンマでっか?

 ***

ちなみにこの日、他局はどうだったかと言えば――。

●日本テレビ
「日テレ系音楽の祭典Premium Music 2020」(19:00~22:54):12・5%

●テレビ朝日
「あいつ今何してる?3時間SP」(19:00~21:54):11・6%
「報道ステーション」(21:54~23:15):17・8%

●TBS
「世界くらべてみたら3時間SP」(19:00~22:00):8・9%
「水曜日のダウンタウン」(22:00~22:57):5・9%

 さんまの「ホンマでっか」より「水ダウ」の低視聴率が気になるが、民放プロデューサーはこう言う。

「実は『水ダウ』の視聴率が低いのは、今に始まったことではありません。リアルタイムでは低いのですが、タイムシフト(録画)視聴率は高く、SNSでの話題性も高いんです。つまり『水ダウ』を除くと、『ホンマでっか』は民放4局の中で最低だったということになる。それに通常の放送なら10%前後を取っているにもかかわらず、特番にしてみたら逆に落ちた。“特番にすれば数字は上がる”のが定説ですから、これにはフジのスタッフもショックだったでしょう」

 もともと「ホンマでっか」は、09年10月より月曜23時からの30分番組としてスタートした。

「深夜のバラエティにもかかわらず、視聴率は10%台前半を獲っていました。そのため、翌年には現在の水曜21時のゴールデンの1時間番組に昇格。ウラには『相棒』(テレ朝)が放送されている時間帯ですから、もともと高視聴率は期待されていなかったとはいえ、さんまさんとゲストや専門家集団とで繰り広げられるトークが人気で、10%前後を獲っていました」(同)

 そして25日は、前週(18日)にウラの「相棒」Season18の最終話が放送され、「ホンマでっか」は数字を伸ばすはずだった。

「さすがに4時間放送は、長すぎたと思います。“ホンマでっか”という切り口や、専門家集団の喋りやキャラが、持たなかったのだと思います。それと最近よく耳にするのが、さんま人気の陰りですね。今年1月26日(18:30~)に放送された『じもキャラGP~お笑い怪獣と異人さん~』(テレ朝/ABCテレビ)という2時間半の特番も、意外な数字でした。全国の地元で有名な素人を登場させ、さんまさんがトークで料理する企画でしたが、視聴率はわずか5・5%。ゴールデンではあってはならない数字です」(同)

次ページ:嫌いな芸人1位

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]