森法相も抗議する韓国民間団体の呆れた所業 東京五輪を揶揄 過去には「嵐」も標的

国際 韓国・北朝鮮

  • ブックマーク

 まさに異例の対応である。森雅子法相は2月28日、放射能汚染を連想させる東京五輪のポスターを製作した韓国の民間団体に対し、「さまざまなルートを通じて抗議し、対抗策をとる」と表明したのだ。このポスターを制作したのは、サイバー外交使節団を称する「VANK(Voluntary Agency Network of Korea)」。過去にも色々問題があったそうで……。

 ***

 問題のポスターは1月6日、ソウルの在韓日本大使館建設予定地のフェンスに貼られた。白い防護服姿の人物が、放射能をイメージしたような緑色に燃える聖火リレーのトーチを持って走る図柄で、東京五輪のエンブレムや日の丸、そして「TOKYO2020」の文字もある。東京五輪と福島原発事故を結び付けて揶揄したものだろう。国際オリンピック委員会(IOC)はVANKに対し、政治的メッセージのためのオリンピックエンブレムの不正使用にあたるとし、非難する声明を出している。しかし、件のポスターは今もVANKのホームページに掲載されたままである。

「VANKは、韓国政府のプロパガンダを代行する団体です」

 と解説するのは、ジャーナリストの崔碩栄(チェ・ソギョン)氏である。

「民間団体であることを強調していますが、韓国政府から予算をもらっているので、政府の関連団体ともいえます。この団体が政府の影響下にあることは明らかです。例えば韓国政府が日本との関係改善を行おうとしている時には、慰安婦団体は必ず反対しますが、VANKは政府に対して批判的な意見は一切言いません。3月1日の三一節(韓国の独立運動を記念する日)や日本の終戦記念日の8月15日には、韓国のメディアに反日のネタを提供する時もあります」

 VANKの設立は1999年。当初は、海外にペンフレンドを作り、交流を通じて韓国の正しい姿を伝えることが目的だった。ところが2005年に、「真珠湾攻撃」「南京大虐殺」「フィリピン捕虜虐殺」の動画を製作。ウェブ上でアメリカやアジア各国に広報する「ディスカウント・ジャパン」(日本の地位失墜)運動を始め、反日団体として知られるようになった。団長の朴起台(パク・キテ)氏は、韓国の外交通商部スポークスマン室コミュニケーション諮問委員、大統領直属青年委員会メンター委員、ソウル市広報大使を兼務している。

次ページ:嵐にクレーム

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]