イケメンもツライよ? ショートコント的カッコよさを強いられる横浜流星の受難

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

Advertisement

 もはや「ショートコント、イケメン」と言って始まっている気さえする。日テレ系ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」に出演中の横浜流星である。メガネにスーツという王道コスプレを見せたかと思えば、涼しげな顔のまま繰り出す華麗なアクション。目的のためなら女心も利用する冷徹さを見せつつも、どこか陰のあるたたずまい。女子ってこういう男性が好きでしょ、という理想のイケメン像がふんだんに詰め込まれている。この構図はどこかで見たことがあると思ったら、「水戸黄門」の由美かおるの入浴シーンだった。そう、横浜の見せ場は、「お約束のサービスシーン」という位置づけなのだ。

 深キョンと共演した「初めて恋をした日に読む話」で大ブレイクした横浜。ピンクの髪の落ちこぼれ不良役、でもどこかほっとけない子犬のような雰囲気で人気を博した。その後に出演した「あなたの番です」では、空手経験者ならではの回し蹴りを披露。「4分間のマリーゴールド」では料理上手で大人びた高校生役に。ただ、どの作品でもクールなイケメンという軸からブレない。ブレイク前に出演していた「烈車戦隊トッキュウジャー」でも、冷静な気分屋という立ち位置であった。

 しかし今や顔のいい男ほど、中身も問われる時代ではないだろうか。東出昌大然り、イケメンが調子に乗るとすさまじい反感を買う。顔にあぐらをかかないという意思表示や謙虚さが、本人が思う以上に求められるようになってきたと思う。お茶の間受けする一言が言えるとか、ギャグも全力でやれるとか。ジャニーズタレントたちがバラエティで体を張り、賀来賢人や吉沢亮らの正統派美青年たちがこれでもかと変顔を見せる世の中。一方、山崎賢人や福士蒼汰、竹内涼真らは同じイケメン枠でもあんまり弾けた印象がない。みんな性格が良さそうなお坊ちゃん。でも、本人たちの目印となる個性もあまり見えない。替えがきくイケメン枠の一人という印象だ。

 そう思うと横浜も、「空手」という目印はあるものの、役柄の幅はない。常にクールなイケメン。そしてそのイメージを誇張するサービスシーンを入れていっちょあがり。その消費のされ方は、少し心配になってしまうほどである。

次ページ:今季ドラマの佐藤健と比較して思う横浜流星の受難

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]