大塚家具、黒字まであと一歩のはずが66億円の赤字見通し 迫り来る上場廃止の足音

ビジネス 企業・業界 2020年2月20日掲載

  • ブックマーク

 ヤマダ電機の子会社となった大塚家具が、なかなかお目にかかれない“第4”四半期の決算を発表した。同社はこれまで12月31日だった決算期を4月30日に変更した。そのため今期は16カ月の変則決算となり、“第4”があるというわけである。年度途中の決算とはいえ、これまでと同じ12カ月で比較すればわかりやすい。そこから見えてきたものは、大塚久美子社長(51)は経営を悪化させる才に長けている――。

 ***...

記事全文を読む