野村克也さんを偲ぶ 担当編集者の“素人すぎる質問”に20分考えて出した回答とは

スポーツ 野球 2020年2月16日掲載

  • ブックマーク

 名捕手、名将だった野村克也さんは、巧みな話術でも大いに世間を愉しませてくれた。決して多くは語らないものの、本質を見抜くその語りは、ひょっとすると、記者とのやりとりで磨かれたものかもしれない。連載担当としてご自宅に通い、夫妻と交流した元週刊朝日編集長の川村二郎氏が“追悼・野村克也さん”を寄せた。

 ***...

記事全文を読む