「常に物足りない」53歳のキング・カズが戦い続ける「バランス」とは

スポーツ 2020年2月15日掲載

  • ブックマーク

 今年、キング・カズこと三浦知良選手(横浜FC所属)は、13年ぶりにJ1の舞台に戻ってきた。今月26日には53歳の誕生日を迎える彼が今なお現役選手でいられる背景にはどのような思考法や練習があるのか。発売したばかりの新著『カズのまま死にたい』の冒頭には、現在のキング・カズの率直な心情が綴られている。年齢と戦いつつも、一方で若い時とは別の充実感を味わっている――その姿勢には、アスリートならずとも多くの人が勇気づけられ、励まされるのではないだろうか。同書から「プロローグ」を全文引用しよう。...

記事全文を読む