山口組顧問弁護士が明かす「暴力団平成史」 私が渡った危ない橋

国内 社会 週刊新潮 2020年2月13日号掲載

  • ブックマーク

山口組「顧問弁護士」が明かす暴力団平成史 私が渡った危ない橋(1/2)

「山口組顧問弁護士」。耳慣れぬ肩書だが、三十数年もの間その職掌を全うした人物がいる。山之内幸夫氏(73)。目下、分裂騒動に揺れる日本最大の暴力団の傍らに立ち続けた山之内氏だけに、さぞや世間の常識の及ばぬ「危ない橋」を渡ってこられたに違いない――。

 ***...

記事全文を読む