ご当地お菓子がずらり “元祖スイーツ男子”が太鼓判を押した一品は?

ライフ 食・暮らし 2020年2月7日掲載

  • ブックマーク

見ているだけで至福

 食べものの写真を撮って記録する人は今では珍しくない。また、スイーツ好きを公言する男性も珍しくない。

 しかしながら、これが戦前の日本だとすると、かなり変わり者だったことだろう。「童画家」として名高い、武井武雄(1894~1983)。「コドモノクニ」「キンダーブック」など児童向けの出版物で知られる彼は、昭和11年7月から昭和33年11月までの20年余りにわたって、日本全国の友人知人から送ってもらったり、自分自身で求めたりした各地の郷土菓子を美しい水彩画で記録し続けた。...

記事全文を読む