「有吉ゼミ」の人気で民放のバラエティ番組に“激辛ブーム”が到来 今後を心配する声も

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

「チャレンジグルメ」が大人気

「テレビの激辛企画に疑問」――北海道新聞は2019年12月29日の朝刊で、「読者の声」という投稿欄に、こんなタイトルの一文を掲載した。執筆したのは旭川市に住む56歳の主婦。“テレビの激辛人気”を批判した部分を引用させていただこう。

 ***

《超激辛料理の完食を目指しタレントやスポーツ選手らが挑戦するバラエティー番組があります。

 これでもかというぐらい激辛の香辛料を入れた真っ赤な料理は、一口でむせたり汗が噴き出るほどで挑戦者たちは「舌がしびれる」などと言いながら涙目になって食べていきます。その様子にスタジオの出演者たちは笑ったり、時には気の毒そうな表情をするのですが、見ていて不快感を覚えます》

 主婦は《視聴率のためならどんな企画も続けるテレビ局の姿勢に疑問を感じざるを得ません》と結んだのだが、投稿は《バラエティー番組》としか書かれておらず、具体的な番組名は伏せられている。

 テレビ業界を担当する記者に投稿を見せたところ、「批判されているのは『有吉ゼミ』(日本テレビ系列・月曜・19:00)で間違いないでしょう」と指摘した。

「番組名を明記するほど放送内容に問題があるわけではない。しかし、番組名を伏せることで読者が勘違いしてしまい、無関係の番組に悪影響が出ることは避けたい――これが北海道新聞の本音だったと思います。そのため投稿には、目立たないようヒントが書いてあります。『スポーツ選手らが挑戦する』という文章がそれで、読者の多くは“『有吉ゼミ』では激辛料理をスポーツ選手が食べていた”と思い出す仕掛けになっていました」

 有吉ゼミの放送が開始されたのは2013年。長寿番組とは呼べないにしても、なかなかの歴史を持っている。そして最近は「チャレンジグルメ」というコーナーが人気を呼び、勢いに乗っている。

 このチャレンジグルメは、「大食い」と「激辛」の2パターンが存在する。どちらも視聴者が「完食できるのかな?」と興味を持たせることに成功しており、それが人気の理由なのだろう。

 コーナーの人気を裏付けるように、番組は1月27日、チャレンジグルメのスペシャル版を放送した。公式サイトに掲載されていた次回予告を見てみよう。

《1月27日月曜よる7時~有吉ゼミチャレンジグルメSP▼ギャル曽根VS純烈&ラグビー軍団▼激辛SixTONES&Snow Man》

 番組の内容も紹介されている。こちらもご覧いただく。

《(1)超デカ盛りわんぱくカレーにコント王者どぶろっく&紅白スター純烈小田井&後上が爆食
(2)爆盛りタイ風ラーメンに元ラグビー日本代表と偽稲垣&偽リーチマイケルが参戦!
(3)超激辛ソーキそばVSジャニーズ初同時デビューSixTONES田中とSnow Man渡辺が激闘!沢田亜矢子&河相我聞ももん絶!》

次ページ:藤原竜也は「ハバネロソフト」に悶絶

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]