反中国だった台湾選挙 映画のような盛り上がり(KAZUYA)

国際 週刊新潮 2020年1月30日号掲載

  • ブックマーク

 1月11日に投開票が行われた台湾総統選挙では、過去最多の得票で民主進歩党の蔡英文氏が再選されました。

 今回の当選の最大の要因は、皮肉にも台湾統一を目指す中国共産党の習近平国家主席でしょう。習主席は台湾の併合に武力行使も辞さない姿勢を見せつつ、香港においては多数の催涙弾で強権的に抑えつける姿勢を見せたため、海を超えて台湾にも警戒感が共有されています。公務員の年金改革などで支持率が落ちて再選が危ぶまれていた蔡氏ですが、香港デモが大きな影響を及ぼし、一国二制度の危険性があらわになりました。...

記事全文を読む