「橋本聖子」五輪相と「高橋はるみ」前道知事にも疑惑ウグイス嬢 違法ギャラで共有?

国内 政治 週刊新潮 2020年2月6日号掲載

  • ブックマーク

 河井克行前法相と妻・案里参院議員の運動員買収問題では、法定の額を超える報酬をウグイス嬢に支払った点が問題視されている。同様の公選法違反疑惑は、橋本聖子五輪相(55)と、昨年まで北海道知事を4期務めた高橋はるみ参院議員(66)にも浮上するのだ。

 ***

 橋本五輪相と高橋議員は、ともに北海道に地縁があり、細田派に所属。昨夏の参院選では、一緒に街頭演説を行うなど、蜜月ぶりが目立つ関係だ。そんな2人に浮上する疑惑は、50代半ばの美人ウグイス嬢をめぐるものだ。

 昨年の参院選、橋本五輪相は全国比例から出馬し、高橋議員も北海道選挙区から国政に初挑戦した。その際、両陣営でウグイス嬢を務めたのが、吉田優子さん(仮名)だった。彼女に支払った人件費と稼働日数を記載した選挙運動費用収支報告書は、総務省(橋本五輪相)と北海道の選挙管理委員会(高橋議員)に提出されているのだが、両者を見比べると、その日数に“矛盾”がある。

 橋本五輪相の報告書によれば、吉田さんが一日中働いたのは「5日」、半日だけ働いたのは「4日」の計9日間。高橋議員の報告書には計14日稼働した主旨の記載がある。が、先の参院選の選挙運動期間は、公示日の7月4日から投開票日前日20日までの17日間。つまり、体が2つなければできない仕事量を、吉田さんはこなしていることになる。

 収支報告書への虚偽記載疑惑ほか、法定額を超える宿泊費のホテルで運動員を“接待”した疑いも、高橋議員には浮上する。さらには吉田さんの報酬額についても、不可解な点がある。

 河井案里参院議員の問題では、法定の上限1万5000円を超える報酬をウグイス嬢に支払った点が追及されているが、

「吉田さんはウグイス嬢を取りまとめるリーダー的な役割で、その対価が支払われています。超過した分に関しては、そのまま支払うと当然、違法だと指摘されますので、別の領収書で処理している」(高橋陣営の事務所関係者)

 この過剰報酬については、橋本五輪相の収支報告書からも見て取れるのだ。

 週刊新潮の取材に、橋本事務所は過剰報酬を否定。一方の高橋事務所は事実関係を確認中と回答する。1月30日発売の週刊新潮では、議員の間に蔓延するウグイス嬢への不正な報酬の実態と共に詳しく報じる。