「京アニ放火殺人」から半年 「跡地に慰霊碑」に住民反対の葛藤

国内 社会 週刊新潮 2020年1月30日号掲載

  • ブックマーク

 殺人事件として戦後最悪の犠牲者数となった「京アニ放火殺人事件」から半年が経過した。自身も大やけどを負った容疑者の青葉真司(41)は会話を交わせるまでに回復したものの、逮捕状の執行はまだ。一方、現場跡地を巡っては、「慰霊碑問題」が浮上して……。...

記事全文を読む