京アニ爆殺犯を死なせてはいけない…現場医師が語る治療への葛藤

社会週刊新潮 2019年8月8日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 35人が犠牲になった「京都アニメーション」(京アニ)の放火殺人事件。容疑者である青葉真司(41)は自らも重度のやけどを負ったが、彼が命を落とすと、事件の真相は永遠に闇の中だ。最悪の結末を避けるため、医師たちは懸命の治療を続けている。葛藤と戦いながら。...

記事全文を読む