小栗旬主演・三谷幸喜脚本、2022年「大河ドラマ」を早くも発表したNHKの思惑

エンタメ 週刊新潮 2020年1月23日号掲載

  • ブックマーク

 大河ドラマに氷河期が訪れている。出演者の逮捕や不祥事が相次ぎ、「いだてん」は大河ドラマ史上初の平均視聴率1ケタで、最低の数字を更新した。

 そんななか、今月8日、2022年の大河は北条義時を主人公とした「鎌倉殿の13人」になると発表された。脚本は三谷幸喜(58)で主演が小栗旬(37)だ。スポーツ紙記者は、異例ずくめの会見だったと語る。

「つい4カ月前に21年の大河の発表があったばかり。22年作の放送までは丸2年もあるのに、脚本と主演を発表することは異例中の異例。制作側の本気度が窺えるスケジュールです」

 三谷も“大河復権”に意欲を燃やしており、

「会見では『数字にはこだわっていないです』と言っていましたが、実はものすごく意識しています。通常はタブーとされる俳優の不祥事や視聴率の話題に触れ、登場人物の丁寧な講釈まで披露したのも、ニュースになることを狙ったもの。思わず『気持ちとしては最高視聴率を更新したい』という本音も漏れていました」(NHK関係者)

 ただ、立ちはだかる壁は高い。

「2年後は、定額配信サービスが今以上に拡がりテレビ視聴が縮小しているはず。なにより、扱う題材が大河では鬼門の中世。歴史ドラマファンから人気がなく、マニアックになりがち。過去の大河でも視聴率が取れていないんですよ」(同)

 壁を打ち破れるかは主役の小栗にもかかっているが、

「彼はロスに生活拠点を移して、英語の勉強をしながらハリウッド進出にご執心。所属事務所は22年までにアメリカで目立った活躍を残しつつ、海外でも放送される大河を通じ、より国際的な俳優になることを目指しているようですが、可能性は未知数ですね」(同)

 25年に放送開始100周年を迎えるNHK。それまでに氷河が溶けきるか。