「ヘンリー王子」王室離脱を認めたエリザベス女王の胸中 ナチスの亡霊がよぎったか

国際 2020年1月26日掲載

  • ブックマーク

 当初、英国のヘンリー王子(35)とメーガン妃(38)の王室離脱問題は結論が出るまでに時間がかかるものと思われた。ところが1月18日、2人の王室離脱が正式に発表された。英国王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子氏は、今回の問題でエリザベス女王(93)の頭によぎったのは、84年前の国王エドワード8世(1894~1972)の退位だったという。

 ***...

記事全文を読む