ウィリアム王子がMI6で「スパイ修業」一体なぜ?

国際週刊新潮 2019年4月25日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 今回のミッションはブリュッセルのEU首脳会議に潜入し、英国の離脱を有利に運ぶよう工作すること――なんて“007”まがいの任務はなかったが、みっちり3週間、“エージェント”修業に励んだようだ。...

記事全文を読む