「娘と付き合わせたくないグループNo.1」SixTONES チャンスをつかみ損ね続けてきた男たちがデビュー

エンタメ 芸能 2020年1月22日掲載

  • ブックマーク

 2020年1月22日にジャニーズ事務所からデビューする「SixTONES(ストーンズ)」と「SnowMan」。同事務所からのデビューは、King&Prince以来約2年ぶり、ジャニー喜多川氏が2019年7月に亡くなってからは初となる。競争の激しいジャニーズのなかで、彼らはいかにしてデビューを獲得したのか。本稿では「SixTONES」に焦点をあて、デビューまでのけわしい道のりやグループの素顔に『ジャニーズは努力が9割』の著者・霜田明寛氏が迫ります。([文]「元祖ジャニヲタ男子」/WEBマガジン「チェリー」編集長・霜田明寛)

つかみ損ねたチャンス

 光を浴びるまでの期間――それは、誰にとっても苦しいもの。

「光があるかもしれない」と信じて努力を重ねるのは大変なことではありますが、一度スポットライトを浴びた人間が、もう一度光を浴びようとする日々もまた、想像を絶するものがあります。

 そんな一度スポットライトを浴びた男たちが集まるのが、2020年1月22日にジャニーズ事務所からデビューする「SixTONES」です。

 ジャニーズ事務所からは実に約2年ぶりのデビューとなる彼らですが、現在24歳前後のメンバーを中心に構成されていて、2年前にデビューしたKing & Princeや、2011年にデビューしたSexy Zoneよりも平均年齢は上。この2組を始めとする多くの同世代や後輩たちのデビューを、ジャニーズJr.として見送り続けてきたのが彼らなのです。

 メンバーは、ジェシー(23)、京本大我(25)、松村北斗(24)、髙地優吾(25)、森本慎太郎(22)、田中樹(24)の6人。「俳優・京本政樹の息子・京本大我を擁する……」といった惹句がつくと、華やかに活躍し続けてきたかのような印象を与えますが、そうではありません。

 森本慎太郎は、デビュー決定発表の直前、自分たちの境遇をこう的確に表現していました。

「打ち上がってる途中の花火みたいなもんだよね。バン!が来なくて、ずっと『ヒュ~~~…』って昇ってる音だけが聞こえてるっていう(笑) 『いつ開くの』?っていう状況が、もう何年も続いてる」(「日経エンタテインメント!」2019年10月号)

 実はメンバー6人のうち3人が、11年前の2009年に、すでにCDリリースをした経験があります。

 森本慎太郎は、12歳で松竹配給の映画「スノープリンス 禁じられた恋のメロディ」で主演し、「森本慎太郎w/スノープリンス合唱団」としてその主題歌を歌い、CDも発売。

 松村北斗と髙地優吾も「中山優馬 w/B.I.Shadow」のB.I.Shadowのメンバーとして参加。当時の平均年齢14.6歳は、オリコンのデビュー曲による初登場首位最年少記録でした。

 しかし、2つのユニットはその後、CDをリリースすることはありませんでした。B.I.Shadowは、メンバーの中島健人と菊池風磨がSexy Zoneとしてデビューすると自然消滅という、悲しい結末に。

 その後2012年に、彼ら6人とAKB48が共演したドラマ・映画「私立バカレア高校」が人気を博し、注目を浴びます。その6人での活動に期待が集まるも、グループとして結成されるのはさらにその3年後の2015年。同じ年にKing & Princeが結成され、人気を集めたことを考えると、「なぜ、もっと早く……」感が否めません。もちろん、デビューまで長い時間がかかったグループは、同日デビューを果たすSnowManや先輩のA.B.C-Zなど他にもいます。

 ただ、SixTONESの特筆すべきは、“周りの仲間を抜く悲しみも、抜かれる悲しみも両方知っている”という点です。

 小学校3年生でジュニア入りした森本慎太郎は、前述した映画の主演など、脚光を多く浴びていた入所初期の頃を振り返って、こう語っています。

「『仕事をするたびにどんどん友達がいなくなる』という気持ちでやってた気がします。現場では明るく振る舞いながら家で泣いたりしてました」(「日経エンタテインメント!」2012年8月号)

次ページ:娘と付き合わせたくないグループ

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]