ゴーン逃亡先「レバノン」ってどんな国? テルアビブ銃乱射の日本人も庇護下に

国内 社会 週刊新潮 2020年1月16日号掲載

  • ブックマーク

 ゴーンは脱出後の声明で、“政治的な迫害”に言及した。レバノンの政治案件と言えば、日本赤軍のイスラエル・テルアビブ空港銃乱射事件である。実行犯のひとり岡本公三は、終身刑で服役。13年間の獄中生活を経た1985年、イスラエルとパレスチナ解放人民戦線総司令部との捕虜交換で釈放され、拠点のあるレバノンに戻った。イスラエルと戦った英雄を庇護下に置くレバノンってどんな国?...

記事全文を読む