「ゴーン」大逃走劇の舞台裏 協力者に日本人、元グリーン・ベレーも

社会 週刊新潮 2020年1月16日号掲載

  • ブックマーク

 アメリカ人でもレバノン人でもない。防犯カメラの映像を解析する捜査関係者は、カルロス・ゴーン(65)の前に現れた日本人に目を瞠(みは)ったという――。

 師走の寒風と共に日本から去ったゴーン。特別背任などの罪で起訴された彼は昨年4月に保釈となり、東京・麻布の制限住居で暮らしていた。それが突然、大晦日になって「私は今、レバノンにいる」との声明を出したのだ。その衝撃は世界を駆け巡った。...

記事全文を読む