日本はセコイ、私の逮捕は検察の復讐……言いたい放題「キャロル夫人」のゴーン愛

社会 2020年1月14日掲載

  • ブックマーク

 カルロス・ゴーン被告(65)がレバノンで記者会見を行ったのは1月8日。その前日、東京地検特捜部は、キャロル・ナハス夫人(53)に対して偽証容疑で逮捕状を出した。さらに10日には、国際刑事警察機構(ICPO)に国際手配を要請した。ゴーン被告はレバノンに逃亡した動機のひとつに、保釈中に妻と会えなかったことを挙げている。よほどの夫婦愛だが、そもそも彼女はどんな人なのか。

 ***...

記事全文を読む