「無臭」を貫いた乃木坂46・白石麻衣の光と影

エンタメ 芸能 2020年1月14日掲載

  • ブックマーク

 乃木坂46の中で最初に覚えたメンバーは、生駒里奈だった。かわいくて、センターで一生懸命に頑張っている感じが目に止まったから。でも好きだったのは白石麻衣である。まぶしいほどの美しさがあるのに、目の奥で暗く広がるあきらめを感じるのだ。まともにアイドルをやっても、思ったほど報われないこともあるということをよく呑み込んだ顔をしていた。真面目にやっても報われないなら、好き勝手遊んでやれというタイプも多かっただけに、白石が持つ光と影、ブレない美貌とたたずまいは、アイドルとして唯一無二の引力を持っていたと感じている。...

記事全文を読む