難病1歳殺害未遂事件から見る「出生前診断」の意味 母語る“心の準備が欲しかった”

ライフ 週刊新潮 2019年12月5日号掲載

  • ブックマーク

命の選別という「出生前診断」に母親の懊悩――河合香織(2/2)

 2016年、遺伝性の難病を抱えた1歳の三男の鼻と口を塞いだとして、当時41歳の母親が殺人未遂の容疑で逮捕された。過去に同じ病気で次男を亡くしていたことから、三男の妊娠時には出生前診断を希望したが、叶わなかった経緯がある。あらかじめ病気がわかっていたら、心の準備ができた――保護観察付き執行猶予を下された母親は、診断を望んだ理由をこう語っている。

 ***...

記事全文を読む