10カ月の間、マンホールに隠されていた「保母の遺体」と消えた日記 【平成の怪事件簿】

国内 社会

  • ブックマーク

 平成から令和に持ち越された“謎”――。警察の必死の捜査むなしく、未解決のままの事件は少なくない。この「多摩保母殺人マンホール死体遺棄事件」もそのひとつだ。警察がマークしたのは3人。その中にマンホールを開閉できる人物がいたのだが……。(駒村吉重 ノンフィクション・ライター)

 ***...

記事全文を読む