刑務所で受刑者は年末年始をどう過ごすのか おせち料理も用意、贅沢という指摘も…

国内 社会 2019年12月31日掲載

  • ブックマーク

 日本では、多い時で年間230万件ほど検察に身柄ないし書類が送られる。その中で刑務所に収監されるのは年間3万人ほどである。つまり、仮に警察のお世話になったとしても、刑務所に送られるのはたった2%にも満たない。ましてや、真面目に暮らしていれば、刑務所は間違いなく無縁の場所である。そんな知られざる世界での生活をリアルに再現してくれる新書「もしも刑務所に入ったら」(ワニブックス)が発売された。著者の河合幹雄氏に受刑者の生活、そして年末年始の過ごし方について聞いた。...

記事全文を読む