2020年、「AI後進国」日本にチャンスが到来する理由

ビジネス IT・科学 2019年12月28日掲載

  • ブックマーク

 2019年は、AIに関連するニュースを聞かない日のない一年だった。世界で過熱する技術競争の中で、「日本はAI後進国」とソフトバンクの孫正義会長が発言したことも国内では話題となったが、そんな日本にも意外な好機があるという人物がいる。

 アメリカ・シリコンバレーをはじめ、中国のテクノロジー特区・深セン、モスクワ郊外にある“ロシアのシリコンバレー”スコルコヴォなどの世界各地を現地取材し、最前線のAI開発研究者や起業家ら51人にインタビューしたノンフィクション『動物と機械から離れて AIが変える世界と人間の未来』を刊行した菅付雅信氏だ。...

記事全文を読む