ロッテ「佐々木朗希」 浦和寮では3年間外出制限、SNS対策もバッチリの生活

スポーツ 野球 2019年12月28日掲載

  • ブックマーク

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=大船渡高=がホップの年となる2020年を迎えようとしている。

 高校生最速の163キロをマークした「令和の怪物」。入団会見では「ヤンキースの田中将大投手が完璧なところが理想です。そういう投手になれるように頑張っていきたい」と話し、目標を「沢村賞」獲得とした。将来はメジャーを視野に入れている大型右腕。ロッテの育成方針はすでに報じられているように、煎じ詰めれば「焦らず、慌てず、じっくりと」である。...

記事全文を読む