広島「佐々岡新監督」は強いカープを再び取り戻せるか?OB大野豊氏が手腕を分析

スポーツ 野球 2019年12月19日掲載

  • ブックマーク

 リーグ3連覇から今季は4位でクライマックスシリーズ出場も逃した広島。シーズン後には、5年間指揮を執った緒方孝市監督が辞任し、佐々岡真司新監督が就任した。現役時代の佐々岡新監督は、1年目から13勝をマークするなどエースとして活躍し、通算138勝158敗106セーブを記録。先発だけでなく抑えとしても活躍し、史上2人目となる先発100勝と100セーブを達成した。07年に引退後は、地元局で野球解説者を務めた後、15年から二軍投手コーチとして広島に復帰し、今季から一軍投手コーチとなった。...

記事全文を読む