広島・緒方監督3連覇でも退任のウラに「掌底事件」の後遺症

スポーツ 野球 週刊新潮 2019年10月17日号掲載

  • ブックマーク

 リーグ3連覇は、球団史上初どころか、セ・リーグでも巨人以外で初めて、球界でも5球団目の大記録。数字だけ見れば、広島の緒方孝市監督(50)は“名将”と呼ばれて然るべき功労者だ。しかし、そんな声も広がらないままの、寂しすぎる退任劇。そのウラには、あの事件の後遺症が……。...

記事全文を読む