SNSで誘拐・監禁される少女たち 「裏アカ」で性的目的の成人男性に狙われる可能性大

国内 社会 週刊新潮 2019年12月12日号掲載

  • ブックマーク

 ネットの友達と「会った・会いたい」女子高生は70%と、各地で発生するSNSで子どもが誘拐・監禁される事件はもはやニュースではないようだ。

 ***

 大阪の小学6年生少女に対する未成年者誘拐容疑で逮捕された伊藤仁士(ひとし)容疑者(35)。祖父は安倍晋太郎元外相の金庫番、父も医学部卒、本人も中学までは優秀と評判だっただけに、その転落人生は耳目を集めた。

 もっとも、それ以上にこの事件が世間の一大関心事となったのは、伊藤容疑者が栃木県小山市の一軒家で小6少女のみならず茨城の中学3年生(15)と同居生活を送っていたこと、そして、彼らがツイッターのダイレクトメッセージ(第三者からは見られない対話機能)を通じて知り合った事実があったからだろう。伊藤容疑者は逮捕前の調べに、

「ツイッターで助けを求めていた子を助けてあげた。正しいことをした」

 こう説明していたが、さる捜査関係者によると、

「もともと伊藤容疑者は、茨城女子の話し相手になってほしいと少女を誘い出しています。しかし彼女は“伊藤と一緒にお風呂に入るのが嫌だった”と話していて、性的な対象として見ていたことが窺えます。直接的にイタズラしていないとはいえ、強制わいせつでの立件の可能性がないわけではありません」

 何のことはない、誰かの話し相手ではなく自分の相手をして欲しかったということになる。

 茨城女子の同級生に聞くと、

「今年の1学期の頭からずっと不登校です。原因はわからないのですが、いじめではないです。ハブられているというわけではありませんが、一人で本を読んだり自分の世界に浸るのが好きなタイプですね」 

 先の捜査関係者が後を受け、

「伊藤と茨城女子とは肉体関係があったことがわかっています。茨城女子は伊藤に心酔し、“結婚したいと思っていた”と証言しており、その関係を踏まえれば事件化する可能性は低い」

 人助けを口にした伊藤容疑者の隠せない欲望。その言行不一致ぶりを指摘する声が大きいのは、例えば、こういった行動もあってのことだ。

「伊藤は、小6少女を大阪の自宅まで迎えに行きましたよね。その前には彼女に自宅周辺の防犯カメラの位置を確認させたり、会う時にスマホの電源を切らせたうえで帽子をかぶるように指示したりしていました。栃木まで連れ帰る時には、最寄り駅ではなくひとつ離れた無人駅で下りるなど、捜査を攪乱とまでは言いませんが、用意周到です」(同)

次ページ:埼玉で同種の事件、容疑者の父母は

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]